KAESU blog

*

これは是非読んで欲しい!!メタルバイブ「KUNAI(クナイ)」のここが凄い!

   

アクションもさる事ながら、「ウィードの抜けの良さ」「ストラクチャー回避性能の高さ」にもご注目下さい。ボトムをとって、しゃくって、ボトムをとって、しゃくっ…ああ~根掛かりか~。一日中メタルバイブを使っていると、何度かこんな事が起こります。

悪くすればその日に買ったメタルバイブ全てロストした事も…

快適に投げ続ける事が可能=釣果への近道

そんなわけでストラクチャー回避性能は重要なポイントです。クナイのメリットとして、フックの前面にプレートが盾のように被さることで針先を隠す効果があります。

バイブレーションというよりも、「クランクベイトのリップのような泳ぎ方」をするといえば、なんとなく回避性能が良い理由がイメージしやすいかと。

とはいえ石の隙間に挟まったり、ストラクチャーの多い場所では根掛かりは避けられません。使い所はちゃんと見極めてくださいませ。

プレートが針先を隠すという事は、ノリが悪いのか?

先の話でメリットとしてお伝えした回避能力ですが、デメリットとしてとらえられているかもしれません。でも、心配無用です。

バスの口の中に入ればメタルプレートに対して針が立つようについているので、フッキングの妨げとなることはありません。

「このフロントフックって掛かる?」と聞かれたことも何度かあります。

確かに横から見れば、針先がメタルプレートの影に隠れてフッキングしなさそう。

このまま口の外にスルッと抜けそうなイメージでしょうか?

バスの口の中に入り、アワセを入れた時に、ルアーは頭側から抜けてくるとは限りません。

もし頭側から抜けてくればリアフックがしっかりと刺さります。

お尻側から抜けてくればリアフックもフロントフックもしっかりと口の中で針先が立ち上がり突き刺さるというわけです。

大きい魚ほど丸呑みされた場合、口の中でフロントフックが掛かっている事が多く、かなり重要な役割を担うフックなのです。

この「KUNAI(クナイ)」、実は乗りが良く、根掛かりしにくいという相反する要素を持ったメタルバイブに仕上がっています。

 - ブログ, 考察 , ,


公式オンラインストアはこちら