KAESU blog

*

陸っぱりからでもシャクればアタル!ショートピッチリフトが効いたメタルバイブ「KUNAI(クナイ)」

   

そう言えば・・・、メタルバイブ「KUNAI(クナイ)」のプロトを持ってお昼ご飯ついでにぶらっと寄ったとあるポイントで、2日連続ロクマルに達するであろう、どデカイ魚をバラしたのが去年の11月。奇しくもちょうど去年の今日と明日の事。

そんなコトをふと思い出していると・・・

気がつけば製品版「KUNAI(クナイ)」を手に、一路同じ時間、同じポイントへ。

とりあえず1/4ozをショートピッチのハイスピードリフトでペンペンとしゃくると幸先よく小バスを一本。

本命ポイントは既に先行者が数名。せっかく来たのにここで帰るわけには…離れた場所で時間を潰し、人がいなくなるのを待ちました。

ちょうど人がいなくなったタイミングで雲間が切れ、暖かい光が差し込んできたので慌てて本命のポイントへ。

2、3投目でいきなりしゃくった竿がビタッ!と止まる。

ズズズと重~い引きが。嗚呼…いきなり巨ゴイをかけてしまった…

ポイントが潰れる~と思いつつ、ゆっくり時間をかけて寄せてくるといきなり走り出しドバッドバババッとエラ洗い。コイちゃうわ!バスやったわ!ロクマルやったわ~と思った瞬間ポロリ。

全くもってモッテナイ。

去年と同じく、ことごとくデカい魚はバラしてしまうという大失態。

気を取り直し、次なる魚を狙うべくしゃくるしゃくる・・・とここで終わりと言うのが昨年のパターン。

がしかし、そこからいきなりラッシュが始まりポンポンと連発。サイズはともかく投げれば釣れる。しゃくればアタるお祭り状態。

そんな異常に反応の良かったアクションとは

「ブブッ!と竿先に一瞬バイブレーションを感じるくらいのショートピッチリフト」が異常に反応が良いのです。

もう誰にも止められないぜ~!とばかりに釣りまくっていると痛恨の根掛かり。

1/4ozがもう無い…

あっさり止められました。

ならばと3/8ozでさらに一本追加。

ついでに1/2ozでもう一本追加。

2時間ほどで12本と2バラし。

最大は40後半止まりだったものの、クナイのボトムダートの凄さを改めて実感。今回は1/4ozが特にバイトが集中しました。

クナイは1/4、3/8、1/2ozとそれぞれ異なるピッチやダート幅を持っています。1日を通じてやり込んでみると今日はこのウェイトのこのアクションが一番効く!という状況が多々あります。

一通り使ってみてその日のベストなウェイトとアクションを探っていくのが面白いのです。

今年は深くて重いメタルバイブ「KUNAI(クナイ)」の世界に足を踏み入れてみてはどうでしょう?

 - ブログ, 釣果報告 ,


公式オンラインストアはこちら