KAESU blog

*

ソフトブレードチャター「TRANQUIL(トランキル)」には高感度ロッドを!

   

ずーっとテストしていて自分達でもロッドをとっかえひっかえしながらこんなコトを思っていました。トランキルに適したロッドとは??と。「手持ちのロッドの中でどれがいいの??」なんていう疑問が湧いてくるかとは思いますが、結果ざくっと申しますとテキサスリグに使うような先調子の高感度ロッドが良いと。

一般的なチャターベイトにはグラスロッドのような柔軟なロッドも良いとされていますが・・・トランキルにグラスロッドはオススメできません。いや、やってみたけどコレちょっと違うなと。

なんでか??

トランキルは材質とも合わさりブレードの振動を極端に弱く設計してあります。コンセプトはブレードの振動を感じる最低速度のリトリーブスピードで使うこと。

振動を吸収するグラスロッドを使ってしまうとスローロール時の弱々しいブレードの振動を感じることがでないのです。

感度の高いロッドでティップが少し入るものを使うと弱い振動を手元に感じつつ、竿先もトトトトと震えてくれるので視覚的にもブレードが動いていることがわかりやすいです。

勿論、アタリがあったらすかさず掛けていくような釣りなのでパワーの弱い竿ではフックをしっかり貫通させられません。遠くなんかで掛かろうもんなら・・・実際Mクラスでポロリが続出したなんていう事も目の当たりにしております。(とは言え、ロッドをリリースしているメーカーで統一された規格があるわけでもなく、選ぶ際に非常に難しい・・・。買ってみて使ってみて、ダメだこりゃ・・・となった事例も有り。)

というわけでMHクラスのテキサスロッドがベストだと思います。

そんなこんなでベストマッチするロッドにするべくあーだ、こーだやっておりますが、コレも次のステップへ!

次に出てくるリールは??という問題

KAESUスタッフ内ではハイギヤ、ノーマル、ローギヤ、個々好きなギヤ比のものを使っています。何のご案内にもならず恐縮なのですが・・・ギヤ比に比重を置くと言うより、「ブレードの弱々しい振動を感じられる最低限の速度で巻く」という事が自分の中で扱い易いリールとなります。

ノーマルギアが染み付いているスタッフがハイギヤに変えて、リズムが崩れてんやわんや何ていう事例もありますのでね・・・汗。

おっと、更にこんな疑問も出てくるでしょう。ラインは???問題

琵琶湖で普段使っているのは、夏場のウィードモッサリの状況では16lbのフロロカーボン。ウィードが少なくなってきたら14lbのフロロカーボンを使っています。

チャターベイトを巻くというより、スイミングジグを巻くような釣りなのでスイミングジグが得意な人には同じ感覚ですぐにマスターできるはずです。

アングラーズアプリの大会で行われている「TRANQUIL(トランキル)」大会の釣果はレギュレーション未審査状態で現在「72匹」!!

ご参加の皆様ありがとうございますm(_ _)m

まだまだ、始まって1週間これからですよ~!!

 

↓TRANQUIL(トランキル)大会釣果ランキングページ↓

https://anglers.jp/cups/tranquil/entries

 - ブログ ,


公式オンラインストアはこちら