KAESU blog

*

TRANQUIL(トランキル)製品カラーエピソード。「クロキン」編

   

昨日TRANQUIL(トランキル)動画をアップしましたので、まだ見てないよ!と言う方はお手すきの時間にでも是非ご覧下さい。さて、同じくトランキルに関連するカラーエピソードに行ってみたいと思います。

さて今回のカラーはコチラ。

ずばり、濁りに強い色です。

ゴールド系が濁りに強いというのは定説。そして黒や赤もまた濁りに強い色です。

特に蛍光のオレンジはライフジャケットにも採用されるほど自然界ではよく目立つ色です。なんならチャートよりも濁りの中ではよく目立つ色ではないでしょうか。

チョット脱線した話になりますが・・・

この時期になると毎年エギングに行きたくてウズウズしてきます。夜の間に出発してポイントに着き、朝までイカを釣って帰って来るわけですが、自分の中では暗い時間帯にもっとも釣れる色が黒系、赤系だと思っています。

餌木には表面に布が貼ってあり、その布がオレンジやピンクになっていて、その布の下には赤テープや金テープが巻いてあります。
表面の布の色と下地のテープの色の組み合わせでその時々に効果的なカラーがあります。そして夜に良く釣れる組み合わせが黒の布に赤テープという組み合わせです。(半分思い込みも入っていますが・・・)

本当は赤テープではなく真っ黒でも良いような気がしますが下地まで黒のエギはあまり無かったような・・・。なので黒と同様にシルエットがくっきり出る赤テープを選んで使っています。

光量の少ない中で明るい色の餌木で目立たせようと思うのではなく、シルエットがくっきりと出るものの方がイカにとっては見つけやすい色のようで、いろいろ使い比べてみた結果、よく釣れるのは黒か赤系の餌木だと自分の中で結論づけました。

かなり脱線しましたが・・・

濁りの中などバスにとって良く見えない状況では、まずルアーを見つけてもらうことが大前提。

そろそろターンオーバーで水が濁りがちになる季節ですし、存在感の強い目立つ色は必ず一つは用意しておきたいところですね。

 

※TRANQUIL(トランキル)動画はコチラ

 

 - ブログ ,


公式オンラインストアはこちら