KAESU blog

*

ISANA(イサナ)リグ別の使い方 【ウェイテッド編】

   

ウェイテッドフックをつけると、イサナ最大の特徴であるテールをヒラヒラと左右に振りながらのフォーリングアクションがさらに安定して出せるようになります。ユラユラと動いていたアクションはキビキビとハイピッチに揺れるようになり、ボディのフラッシングも強調された感じです。

ゆっくりとしたフォールでは見切られる時にはこちらがオススメ。

それから積極的にベイトを追いかけ回している時には斜めに速めのスピードで逃すようにフォールさせると反応が良いです。そしてスイミングもなかなか秀逸な動き。

ノーシンカーだとフックを刺す際に気を使いますが、ウェイテッドなら安定したロールアクションが出しやすく、巻きスピードも速めのスピードで巻けてとても扱いやすいです。

おススメはどちらのサイズ??

おススメはと言いますと・・・、6.5inchの方がボディの長さがある為、稼動域が広く、柔らかいアクションが出るのでオススメです。

スイミングの使い方はスイムベイトやスコーンを巻く感覚でレンジキープできる最低速度で巻いてくるだけ。

シャッドテールのグリグリとした波動とは全く違い、テールが細かくヒラヒラと震えボディをロールさせるアクションがシャッドテールにスレた魚に効きそうなイメージです。

アクション動画中にあるようなボトムスレスレを泳がせたりズル引きを織り交ぜるのも良し、軽く竿を煽りながらチョン、キビキビフォール、チョン、キビキビフォールをくり返すのも良し。

フックサイズはと言いますと

4.8inchなら3/0~5/0、6.5inchなら5/0~6/0が適合します。

フック自体の長さ、ウェイトの位置や重さが各メーカー全く違うのでアクションもそれぞれ違ったものになります。

お気に入りのセッティングを見つけてみてください。

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら