KAESU blog

*

質問多数につき書いてみます。ISANA(イサナ)フックセッティングその2

   

初めて買うワームで気なる事。ソレはやはりフック。線径や形状は各社さまざまではあり、ソコの所を考えると言うのも「釣り」な訳ですがチョイスミスは避けたい!というのが本音。そんな、フックセッティングについてのお話~その2~です。

是非フックセッティングその1も見てみて下さい。

質問多数につき書いてみます。ISANA(イサナ)フックセッティングその1

リング付きのフックでアクションを最大限に引き出す。

フックアイに直接ラインを結ぶこと自体、実はものすごくルアーのアクションを殺しています。例えばミノーをスプリットリングなしで直結すると動きが不安定になります。

細いラインならその影響も少ないですが太くすればするほどロール、ウォブリングのアクションが殺されてしまいまったく動かなくなります。ラインアイの部分をフリーにしてあげることってかなり大事なことです。

イサナもラインアイの部分をフリーにしてあげると・・・

もちろんイサナはラインアイに直結する前提で作ってあるので、ある程度の太さまでは問題はありませんが、イサナのアクションを最大限に生かそうと思うとラインアイにリングが付いているものにトライされてみるのもヒトツです。

リングドフックやリングドパイルドライバーのようなフックのアイに溶接リングが付いたタイプは、ワームの自由度が増しイサナのアクションがより自然な動きになります。

フォールのアクションだけでなく、スイミングさせた時のロールアクションやトゥイッチさせた時にもアイ部分が自由に動くことで違和感のない柔らかなアクションが出るようになります。

リングが付いたものがなければオフセットフックに#2くらいのスプリットリングをつけてもいいし、フリーノットで結んでアイの部分を動きやすくしてあげるのも良いです。

ラインの水抵抗や直結することによるラインの張り感って結構ワームのアクションを制御してしまうものです。

4.8inchも6.5inchも少し太めのラインを使うときはラインアイをフリーにし、自由度を上げてあげるだけでより艶かしく動き出します。

リング一つ有るか無いかでビックリするほど違いがありますよ!

 - ブログ, 考察 , ,


公式オンラインストアはこちら