KAESU blog

*

スティックベイト「ISANA(イサナ)」は、 ただ巻きも熱い!

   

フォール良し、ジャーク良しと高い汎用性も示しているスティックベイトのISANA(イサナ)ですが・・・、ご存知かもしれませんが実はスイミングもかなりいけてます。

4.8inch、6.5inchともにオフセットフックでのただ巻き(フックの番手や種類にもよります)でもしっかりとボディを揺らしてスイミングしてくれるように作りました。

リグを変えなくても実は芸達者。

釣りをしているとその時の魚の状況にのよって底べったりであったり、表層~中層を泳ぎ回っていたり、スイミングやフォール、ジャークなど特定のアクションに反応が良い時など様々な状況の可能性をふまえて釣りをすることになりますよね?

もちろんその状況にベストマッチしたルアーをそのつどセレクトするのが普通ですが、陸っぱりでは限られたタックルで釣りをすることになったり、毎キャストごとに竿を持ち替えたりするのは正直億劫になってしまう時もあります。

ボトムをズル引き、もしくはトゥイッチさせてフォールといった釣りをしていてアタリがでない。魚は浮いているのか?という時に次のキャストをルアーを変えず表層~中層をスイミングで釣ることができる。

ある程度探ったら、ポイントを移動してはまたボトム狙いに戻して・・・みたいなことができたら良いなと。

(暗くなってからのルアーチェンジが苦手な、老眼が始まった初老アングラーにもとても優しいスティックベイトです・・・。)

冗談はさておき・・・

ノーシンカーで傾いたり回転することなくユラユラと泳がすのはなかなか難易度の高いものでした。お腹が少しでたような形状と背中の凹みをつけることでバランスよく泳ぐように調整してあります。(結構キワキワなセッティングではありますが・・・)

さすがに速く引くと回転しますがゆっく~~りとした巻き速度なら問題なし。

肝心のアクションですが、ロール+ボディをくねらせる+テールヒラヒラというアクションになっています。ミドストで出るようなパタパタとしたロールとはまた違うシンキングペンシル的なアクションで、これは発売後の伸びきったウィードと水面の狭い隙間をユラユラと泳がせたり、冬の琵琶湖でも釣果を叩き出してくれるだろうと確信しています。

また、河川でドリフトさせながら任意のレンジを流し込むも良し。野池のちょっとややこしいストラクチャーのキワを引き波を立てながら泳がせ、ここぞという場所でフォールさせるも良しと使い所は山ほどあります。

発売がちょいと遅れていますがもうちょいお待ちくださいm(_ _)m

 - ブログ ,


公式オンラインストアはこちら