KAESU blog

*

偶然?それともポテンシャル?プロトビッグベイト、テスト中にロクマル捕獲!

   

ハイフロートはここが良いけど、こっちのアクションはスローフローティングの方が・・・、などなど見比べながら、ジャークしたりグリグリッと巻いてみたり色々なアクションを試しているとヌゥッと真っ黒い影が・・・

足元までついてきて、反転して沖へと戻っていきました。

すかさず戻っていった方向へ投げ、もう一度グリグリッと。ついてくるものの遠巻きに眺めていてイマイチ食いそうな感じでない・・・。ええ、そりゃ、まぁビッグベイトですものそう簡単に釣れないのは想定範囲内のコト。

ただでは終わりません。グリグリッアクションがダメなら・・・。

しかしながら、チェイスまでは色々なルアーでもよくある事。同じビッグベイト作るのならやっぱりその先に行きたい・・・しっかりバイトへ持ち込めるビッグベイトにしたい訳です。現時点で出来るかどうかまだ何とも言えませんが・・・汗。

だったらと、グリグリッ攻撃は中止。今度は水面下をゆったりとスローリトリーブする事に。

すると・・・、なんという事でしょう。このアクションを変えると今度はあっさりバイト!ようやく今年初のロクマル捕獲となりました。

不思議なもので、同じルアーでもほんのちょっとのことで反応がガラリと変わります。

グリグリッと巻くといってもそんなに長距離を移動させていたわけでもありません。むしろリーリングで2~3回左右に弱くダートさせてポーズという移動距離を抑えたようなアクションでも食うのを渋っていたということになります。

もしかすると、若干痩せ気味だったので回復途中のあまり動きたくない魚だったのかもしれません。

逆に高速巻きでもげっそりと痩せたアフターの魚が釣れますし、このアクションはこの時に効くみたいなものってなかなか確立しづらく、日々その時々の状況次第だなと思います。

どのようにして日々アジャストしてサカナとの距離を近づけるか、そこがまたブラックバスの面白いところであり、やればやるほど深みにはまっていく要因なのでしょうね。

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら