KAESU blog

*

ISANA(イサナ)製品カラーエピソード。「グリーンパールシャイナー」編

   

発売前のISANA(イサナ)のカラーエピソードをランダムに語っていくというKAESUブログの人気コーナーです。(ホンマかいな・・・汗)今回ご紹介のカラーは、う~んパッと見どうでしょう??背景を知っていなければファーストインパクトでは好き嫌いが分かれちゃうカラーなのでは無いかと思います。何せナチュラルっぽいカラーなんだけれど、ラメのキラキラ感や透明感は無く、ソリッドなカラーなんです。

グリーンパールシャイナーとは何ぞや??

もう、読んだまんま、そう、全くそのままなんです。ここ最近はカラー名はそのモノの「色」がパッと連想できる様にストレートなネーミングに変えています。そんなグリーンパールのシャイナーはと言いますと・・・、実はこれハスやオイカワなど、背中が緑っぽいベイトフィッシュのイメージで作ったんです。

イサナのカラーラインナップの中で、唯一ラメの入っていないカラーです。そのかわり濃いめのパールがしっかりと効いていて、ジャークすると小魚がヒラを打ったようにギラギラッとラメとはまた異なるフラッシングをします。ひょっとするとラメ入りのカラーよりもこちらの方がよりボディ側面の凹みのフラッシングが強調されギラギラ感が強いかもしれません。

表層トゥイッチで釣れたハスと見比べたところ、うん、狙い通りなかなかいい線いってます。

ハスみたいなカラーで釣れたハス。

ハスって共食いするの?と、ふと疑問に思いました。

バスの場合は、ビッグベイトにチェイスしてきた小バスに、でかバスが食いつくところ見たことがあります。意外とフィッシュイーター全般に、ベイトが同じ種であっても気にしていないかもしれません。

 - ブログ, 考察 ,


公式オンラインストアはこちら