KAESU blog

*

新発売NEWマサムネの使い方おさらい~その②~

   

昨日のNEWマサムネの使い方おさらいで紹介した内容に加えて、かなりサカナが好反応だった使い方が・・・コレ!!さっきまでボートが見えたら追うのをやめて帰っていったヤツが、このアクションに切り替えるとボート気にせず猛追~バイトするんですから。

グリグリメソッドもしくはソフトジャーク

リールを3~5回素早くグリグリッ!!と巻いてピタッ!と止めるの繰り返し。もしくは、竿を下向きにグイッ!と60~100センチほどジャークさせます。これもまた、ただ巻くだけに引き続き簡単なんです。
この時、竿先でジャッ!!と弾くようなジャークでは無く、マサムネをビューン!とエスケープさせるような柔らかめのジャーク(比較的長めです。)がコツです。

「止める」とひとえに言っても、みんなバラバラですよね。実際、止める時間は今の時期なら「1~2秒」くらいでも十分です。これを一旦基準として、魚が追いきれないようなら徐々に長めにポーズを取って食わせる間を作ります。

一匹釣るまでは正直なところ本当に釣れるのか疑ってしまうアクションですが、グリグリメソッドはトラウトやシーバスにだって効果絶大の使い方です。

ビュッ!とマサムネが動く、魚が気付く、ビュッ!と逃げるそぶりを見せる、魚はついつい追ってしまう。止まったところからビュッ!と逃げる、魚も瞬発的に速いスピードで追いかけるがマサムネはピタッ!と止まる。ルアーと魚の距離は一気に縮まり思わずバイト!とまぁ文章にするとこの様な感じです。実際水槽なんかで魚の泳ぎを見ていると進む時に、テール付近をピクピク!と動かして進み、方向転換していたりしますから、今回のテールをまとったマサムネも様相としてはかなり似ている動きだと思います。

デッドスローリトリーブでマサムネを追ってくるけれど、ボート付近になるとプイッと方向転換し帰っていく。こんなヤツでも上記のアクションに変えてみるとさっきまでボートを気にしていたのは何処へやら。すごい勢いで猛追して、ボートのほん近くでバイトしましたから、かなり有効なテクニックです!お試しあれ~。

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら