KAESU blog

*

生産数の少ない「NEWマサムネ」について

   

コテツ同様、マサムネもケミカルウッドのブロックから機械で削り出して作成しています。そもそも、この切削シリーズ(機械で削り出して作るシリーズ)は通常のルアーの作り方からは逸脱していると言いますか、非常に手間がかかっていたりします。誤解があるといけませんので、先にお伝えさせていただきますと・・・、「どうだ!!スゴイだろ!?」とお伝えしたい訳では決して無く、プラスティックで作るには構造上、非常に難解であり、可能な限りルアーとしての「肉」を残した状態(中身が詰まっている状態)にしたいが為に取った、KAESUが思う最良の選択です。

これが作りたかった。

「コレやねん!!」というところに向かって走るあまり、マサムネに関しても生産性を度外視しているフシはあります。うん、他のメーカーさんが作っているところなんぞ見ようものなら・・・おいおい生産効率悪すぎやろと思われることは必須。しかしながら、作りたいと思った以上全力で取り組んでいます。

時には作っている最中に、何で作るって決めてしまったのかなぁ・・・何てナーバスになる事もありました。こんなコトをふと思ってもフィールドで投げて、サカナから答えが返ってくると「やっぱり間違ってなかった!!」と一喜一憂しながら今回もたどり着きました。

テールも今回は旧マサムネから変更して、デッドスローでも「気持ちアピール」できるようにしています。これはI字ルアーに動く箇所を与える事により、より使い続けられる工夫でもあります。また、ケミカルウッド化することにより、以前より更にボディはバランスが取れ、速いリトリーブ速度でも対応出来るようになりました。このボディとテール形状が組み合わさる恩恵として、リーリングを止めた際に今までのマサムネは惰性で流れて進みましたが、止まり易くなっていると言う点です。

一体それがどうした・・・となりますが、ウィードトップから水面まで距離のないパッチなんかのシチュエーションでは、グルグルグルと巻き、パッチのキワでストップ。これがかなり効きましたので是非試していただきたいなぁと思っています。

という訳で・・・

もともと生産数量が少ない事はわかっていた為、KAESUのウェブショップで細々と販売と思っていました。通常のワーム等の新製品であれば、お取扱いしてくださっているお店様全店に案内をお送りさせていただくのですが、生産数が少ないという懸念材料もあり案内をお送りさせていただいたのは良いが、せっかくご注文いただいても「品切れです・・・。」となってしまうと、逆にご迷惑かと思い、失礼を承知の上コテツの場合と同様こちらからの案内は控えさせていただきました。

しかし・・・嬉しいことに「マサムネって・・・」とお問い合わせいただいたお店様もありました。そんなお店様にはほんの少量ではありますが(いや、少量すぎて逆に恐縮ではありますが・・・汗)置かせていただく事となりました。

もしです、仮に他のお店様でマサムネのお取扱いを・・・とご検討されている様でありましたら、数量の事もございますのでご相談下さい。

※発売日の発表は今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m引っ張るなよ!!と思われるかもしれませんが、当人達必死で作業中。ギリギリです・・・。

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら