KAESU blog

*

良いとこドッサリ!!「シングル」アシストフックチューン

   

先日、事務所にお客さんが来た時に持っていたシングルフックに交換したミノー。ソレを見て、そういえば!!と思い出しタックルボックスをひっくり返して探してきました。ジギング用のシングルのアシストフックのみのセッティングです。

このフックセッティングはエクリプスのヒデ林氏が使っていた「ヒゲもやしチューン」というものです。実際はヨーヅリのワームカットというタコベイトのようなものをフックに刺して使うようなのですがワームカットなしで使っていました。
本来はシーバスのほうで流行っていたものですがバスにも使えそうだと思いそのまま流用しましたがこれがなかなかイケている!

意外や意外、ええんです!!いや、意外でもないのかな・・・

バスに使うぶんに関してはトリプルフックに比べて若干、ノリは悪いように感じるもののフックポイントひとつとは思えないほどよく掛かり、リップラップもなんのその!ウィードエリアで使ってもウィードのキレがよくストレスが激減するので一時期かなり愛用していました。
サスペンドミノーにつけるとリップの前にフックが乗ることがありますが・・・ダートのキレも良くなりこれまた根がかりも少ないというメリットがあります。アシストフックのおかげでバレずらいということも嬉しいポイントでした。
プラグのフックをトリプルフックからシングルフックに交換するメリットとしては線形の太い曲がらないフックにできるということ、そして針の抵抗が減るということです。
針の抵抗が減るとほとんどのルアーは動きのキレが増しデッドスローでも良く泳ぎダートの足が伸びます。

更なる恩恵も。

ルアーメーカーは普通はトリプルフック前提で設計していますから・・・これをシングルフック化するとバランスが崩れ早巻きできなくなったり、挙動が安定せずにフラフラとバランスを崩したりしますが、これがまたいい!!
コテツに関してはS字系ジョイントベイトながらフックポイントが二つしかなく(通常のジョイントベイトは針二本でフックポイント六つ)しかも背中側にフックポイントがあることでジャーク時のキレは素晴らしくフォールもスルスルと勝手に泳ぐように水中を自走していきます。
常々思っていることですが針のないルアーを作れた時はアクション、魚へのダメージ、根掛かりなどに対してありとあらゆるメリットが生まれるだろうと思っています。
誰か考えてくれないでしょうか。針のいらないルアー・・・。

 - ブログ, 未分類, 考察


公式オンラインストアはこちら