KAESU blog

*

「鯉(コイ)」と一緒に行動するバス達。釣ル方法アリマス。

   

でっかいコイの群れと一緒に泳いでいるバス。どこのフィールドに行っても見かける光景です。
このバスを釣ってやろうと思った方いらっしゃいませんか??で、結果、釣れない・・・。そう、何を投げても無反応。おまけにコイがビビって場が荒れる。このままでは終わりません。ちゃんと存在します、このコイと一緒に泳いでいるバスを釣る方法。

あくまで経験談ですのでご参考までに・・・。

そう、時として簡単に食わせる事ができます。
あるエピソードを紹介します。
とある河川でコイの群れの中に数匹のバスを見つけました。しばらく観察しているとコイは砂をスパスパと吸い込みながら移動を始めました。そのコイの後ろをつけていくバス達。そしてコイに驚いたエビやヨシノボリが飛び出てきた所を間髪入れずにパクリ。
今までは単に身を寄せるストラクチャー代わりにしていると思っていましたが・・・まさかの頭脳派。
それならと、コイの進む先にワームを沈めておいて近くを通りかかった瞬間にピッピッと・・・嘘の様な本当の話。これで、もうイチコロでした。

KAESU製品であれば、YAGO(ヤゴ)ジグヘッドなんかぴったりじゃないでしょうか??それか・・・今テストしているメタルなんかも・・・。

ただし・・・

一匹釣るとコイが驚いて魚が散るのが難点ですが・・・。
コレ、実はバスだけでなく黒鯛でも効きます。アサリ漁師が漁のために底をゴリゴリと熊手のようなカゴで引っ掻くその後ろにはだいたい黒鯛が寄ってきて同じようにエサを捕食しています。
他力本願パターンとでも言いましょうか!?

ぜひぜひお試しあれ!

 - ブログ, 考察


公式オンラインストアはこちら