KAESU blog

*

意外とカバーへブチ込める 「デルタ」シェイキーヘッド

   

そろそろギルネストができる次期かと思い、仕事前に南湖西岸のシャローを覗いてきました。
ギルのネスト自体は見つけられなかったものの手のひらほどのギルがシャローにかなりの数集まり周りを50センチ程のバスのスクールがウロウロ。
こっ、これはもうギルネストパターンの始まりなのかもしれません。

何はともあれプロトの必殺ワームでテスト

とりあえずプロトの必殺ワームを投げるも水中に隠れた「杭」に絡まり即殉職気味・・・。ホンマやったら格好良く、水中の杭の横で食いましたわ!やっぱりサカナいてましたわ!的な感じなはずやのに・・・ナンデ・・・涙。
根掛かりを外そうと一人で寂しくロッドをシャカシャカしたり、チョット移動して角度を変えてみたりと・・・そんなことしている内にバスは散り・・・、挙句の果てにギルも散り・・・、一本しかなかったプロトワームも完全に殉職確定・・・。

とは言っても、憎き「杭」が気になる・・・。

散々な目にあい(とは言っても誰のせいでもありませんが・・・。)これじゃあイカンとデルタ(カラーはラスティーシャッド)の「シェイキーヘッド」を取り出しウワサの憎き「杭」周りに投げる事数投。
あっさりと釣れました。

IMG_6659IMG_6660
オカッパリでジグヘッドを投げるのは根掛かりが多くリスキーな釣りですがそこは流石のシェイキーヘッド。
テキサス並みにカバーに打ち込めます。
毎年、ロングワームへの反応が良くなるように感じるのもこの時期くらいからでしょうか。
ハイフロート素材のデルタ+シェイキーヘッド、いい仕事してくれます。

↓シェイキーヘッドについて↓

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら