KAESU blog

*

魅惑のジョイントパーツ「KAM(カム)」 ジョイント時の豆知識

   

KAESUにはTORA(トラ)というシャッドテールワームがあります。そこにはあるパーツが付属しています。そのパーツというものがKAM(カム)というモノが付いています。そもそもKAMとは、KAESU ACCEL MOVERの略。KAESU ACCEL MOVERとは何ぞやと言いますと・・・これでジョイントすると「動きやアクションを増幅させるよ」という意味です。

そもそもKAMとは・・・

基本はシャッドテールワームのTORAでの使用をメインとしています。通常のシャッドテールワームのジョイント部分はどれだけ細いものがあると言っても、このKAMでジョイントしてしまうと、ジョイント部分の細さが1mm程ですので、断然スローでもよく動く。もちろんTORAだけではなく、4インチのYAGO(ヤゴ)に取り付けたりすると、少しの振動でジョイント部から先がフワフワアクションするなど考え方は無限大。

そんな、KAMのジョイント時の豆知識・・・

TORAであればラインにそってボディーをカットして、その断面に対してKAMをグサッと刺す。これで終わりなのですが・・・。テールにバイト集中なんて事があった場合、取れてしまうこともあります。※プラ製のスパイク(刺すトゲトゲ部分)にも、弾力のある薄いカエシを付けて、刺すと抜けにくい構造にはしています。

がしかし、もうチョット持ちを良くしたいとなると・・・

お手軽度初級 グサッと刺した後、モミモミする。

→グサッと刺した後に、刺さっている部分をいろんな方向から揉んでプラ製のスパイクのカエシを効きやすくさせる。

お手軽度中級 スパイクに瞬間接着剤を一滴たらしてから、グサッと刺す。

→基本的にワームとスパイクをくっ付けてしまうというイメージでは無く、あくまでグサッとスパイクが刺さっている「ワームの周辺を硬化(固まらせて)」させて抜けにくくするという目的で使用します。

また機会がありましたら是非お試し下さいませm(_ _)m

IMG_6247IMG_6248

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら