KAESU blog

*

ベタ凪・晴れ。困ったら「湖ノ葉(コノハ)」どうですか??

   

ベタ凪・晴れ・・・暑い・・・。んで、釣れない・・・。ちょっと休憩しないと熱中症に・・・。

※ノド渇いたと感じる前にマメな水分補給は本当に必須です。無理をなさらず、気を付けて楽しいフィッシングを!

はい、そんな時!!休憩する前に、通り道に、「エビ藻パッチ」はございませんでしょうか??あったら是非試していただきたい!そう、それがコレ。本当に見たことが無い・・・異形のワーム「湖ノ葉(コノハ)」

詳細はコチラ→http://kaesu.jp/konoha/

どっ、ど、ど、ど、どうやって使うの??

使い方は簡単です。まずはフックをご用意下さい。ジグヘッドワッキーで使用しますので・・・そうですね。例えばですが、ZAPPUさんのインチワッキー”キングコブラ”の2.7gなんてどうでしょう??それを、下の動画の様にリグります。(ワームが変わった形をしている為、一見難しそうに見えるのですが・・・実は全然難しく無いです。)

それで、重要なキモはこのフォール。「湖ノ葉」のコンセプトは今はバリバリ&最近予約がイッパイ気味の琵琶湖ガイドの福本ガイドこと「ふくもっちゃん」が釣り場にルアーを忘れ・・・仕方なしでその辺に落ちてた笹の葉っぱにジグヘッドを付けて投げたら、あら不思議釣れた。何でか?と考えた結果、要因の一つに「フォール」。笹の葉+ジグヘッドワッキーで、オモリを下に振り子の原理でヒラッヒラッヒラッヒラッゆっくーりフォールして行く。ちょっと分かりにくいかもしれませんがこんな感じです。00:42~以降のヒラヒラ感で見せて・・・バイトといったイメージです。

そして、エビ藻のパッチ撃ちではありませんが・・・爆風でもジグヘッドワッキーでナイスバスを出す!!ふくもっちゃん。(゚ロ゚;)エェッ!?

いや、だから・・・

あっ、失礼しました。エビ藻パッチのキワにフォールさせるだけ!!です。以上!!ホントこれだけ。油断しているとホント、ラインぶち切られるのでご注意下さい!!ちょっとした合間に投入して見て意外と思われるかもしれませんが、10キャストして3バイトなんて事も過去ありました。

o0480085412613702268o0480085412613702269

行き詰まった際には是非どうでしょうか?

※ちなみに琵琶湖のエビ藻パッチに限らず、縦ストラクチャーにタイトにサスペンドするバスにも効きますので、野池でもお試しあれ。

o0480065112477972697

 - ブログ


公式オンラインストアはこちら